PostHeaderIcon 「日本の信頼を得た」焼ウナギ輸出が約8割増

 輸出向け焼ウナギの生産が盛んに行なわれている中国・福建省で、昨年の焼ウナギ輸出総額が前年比で約8割増加したことが分かった。中国新聞網が伝えた。

 福建省出入国検疫局は12日、2010年に同局から輸出された焼ウナギが前年比17.42%増の1万4600トン、輸出総額が同79.87%増の3億100万米ドルに達したことを発表、また輸出平均単価も同53.19%増の1キロ当たり18.31ドルとなったとした。

 同省の焼ウナギ製品は主に日本、アメリカ、韓国、香港、シンガポール、カナダ、オーストラリアなどに輸出されているというが、中でも日本は全体の75.6%を占めるという「超お得意様」である。記事では、厚生労働省の関係者が昨年同省を訪問し、品質安全管理体制や企業管理体制について理解を深めたことで、「中国の焼ウナギの品質に対する安心感が増した」と紹介した。

 安心・安全なうなぎを美味しく食べる事が出来るのは、喜ばしい事でしょう。

 同省ではここ数年で輸出ウナギの品質安全モデル地域づくりに取り組んでおり、輸出食品のトレーサビリティ制度や、全工程における品質管理体制を整えてきたという。記事は「2009年より現在に至るまで、輸入国において中国産焼ウナギのネガティブな報道は行なわれていないことが、輸出貿易の健全な発展を促している」と評した。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年9月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930