PostHeaderIcon 万里の長城で修復作業進む

 2010年5月10日、世界最大級の建造物であり中国が世界に誇る歴史的遺産「万里の長城」が北京市郊外の部分で修復作業を進めている。チャイナフォトプレスの報道。

 修復作業が進んでいるのは水関長城と呼ばれる部分で、切り立った渓谷の上を走る急峻な地形が約2kmに渡って続く。修復に使用するレンガは5万個だという。

 ここは北京観光をする多くの人が訪れる名所・八達嶺長城からもごく近い場所。八達嶺は昨年修復を終えたばかりだ。ただし、今回の修復個所は作業を終了しても一般公開はしないという。

 万里の長城は1987年に世界文化遺産として登録され、全長は約9000kmに及ぶ。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31