PostHeaderIcon 上海万博、1000人の小学生が日本館を見学 人気は「ワンダーカメラ」

 中国網日本語版(チャイナネット)によると、上海万博の日本館と上海万博局は、日本館が描く未来へのメッセージを子供に伝えるために、夏休みの特別イベント「1000人の小学生が日本館を見学」を2日午前に開催した。このイベントに最初に参加した生徒たちは、上海実験学校付属小学校の2年生から5年生までの88人だ。

 日本国家館の江原規由館長はスタート式で、今日の見学では日本の科学技術や経済、文化を理解し、さらに環境保護という考えを持ち帰って、日ごろの生活の中で活用してほしいと述べた。

 日本館で小学生の目を引いたのが、超高精細で超望遠機能を備えた「ワンダーカメラ」だ。「ワンダーカメラ」は笑顔を認識して自動的に抽出することができる。小学生たちは大きなスクリーンに自分の姿が映ると天真爛漫な笑い顔を浮かべ、「ワンダーカメラ」はそうした生徒たちの楽しい瞬間を記録した。

 またバイオリンを弾くことができるロボットは「茉莉花(ジャスミン)」の曲を演奏し、その場の雰囲気がより一層、盛り上がった。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年3月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031