PostHeaderIcon 上海万博の後は広州アジア大会、「盛大な祭りが続く中国」

 2010年11月1日、米誌フォーブスは、上海万博が閉幕したばかりで今度は広州アジア大会の開幕を控えている中国を「盛大な祭り続きだ」と報じた。2日付で中国経済網が伝えた。以下はその内容。

 近年、中国では盛大な祭りが続いている。上海万博の閉幕直後に今度は広州アジア大会。少し前には北京五輪も開かれ、全世界の注目を一身に集めたばかりだ。アジア版オリンピックと呼ばれる広州アジア大会も中国の観光業にとって「大きな稼ぎ時」となるだろう。

 チケット代が高い、待ち時間が長すぎるなどの不満も出たが、累計で7300万人以上を動員した上海万博は史上最も成功した万博となり、上海の観光業や飲食業を大いに儲けさせた。米ナスダックに上場している中国住宿控股公司(China Lodging Holdings)や如家ホテル(Home Inns)は今年上半期、過去最高の業績を記録。上海錦江国際ホテルは10月30日、今年1~9月の累計売上高が前年同期比20%増の17億元(約205億円)に達したと発表している。

 多くの多国籍企業にとって、上海万博は中国人消費者を招き寄せる絶好の機会となった。コカ・コーラが万博会場に設けた「ハピネスファクトリー」は100万人を超える観光客を集めていた。中国官製メディアも連日大量の万博関連ニュースを流し、閉幕式に関しても熱意あふれる報道が展開された。

 次なる祭りは11月12~27日に開催される広州アジア大会だ。今度はこの南の都市が数十万人の観光客を呼び寄せる番である。広州市は先月、フォーブスの「中国で最も外資企業の投資先として人気のある都市」に選出されたばかり。同市にはP&Gやコルゲート・パルモリーブがすでに生産拠点を構えている。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031