PostHeaderIcon 上海万博入場者数で大阪万博超えがほぼ確実、40年ぶりに歴代最多記録を更新か

 2010年9月1日、上海のニュースサイト・解放網は、上海万博が40年ぶりに歴代最多入場者数の記録を塗り替えることがほぼ確実となったと報じた。

 上海万博の公式ウェブサイトは5月1日の開幕から122日目の8月30日、累計入場者数が延べ4717万1900人に達したと発表した。29日時点の未使用の販売済み入場券は1800万枚に上り、1枚160元(約2000円)と高額であることを考えると、この数字のほぼ全てが入場者数に化けると見て良い、と記事は指摘。合計すると閉幕までに少なくとも延べ6500万人が入場することになり、歴代最多を誇る大阪万博(1970年)の6422万人を上回る。

 上海万博事務局は、「10月末の閉幕まであと2か月。これまでの万博を見ても、最後の1~2か月は入場者数が最も増える時期だ」とし、入場者の伸びが今までより急激に落ちることはあり得ないとの見方を示した。記事は、「上海万博が大阪万博の持つ歴代最多記録を破るのはほぼ確実」とした上で、当初の目標である延べ7000万人の達成も夢ではないと指摘した。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年9月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930