PostHeaderIcon 上海万博開催効果、中国の若者は「大国としての素養」を身につけた

 2010年7月5日、上海万博の開催で、中国の若者は「国際的な視野が持てるようになった」と考える人が7割以上に上ることが分かった。中国青年報が伝えた。

 中国青年報社会調査センターがオンライン調査会社・題客調査網を通じて全国31の省(市・区)の計2万280人を対象に「上海万博が中国の若者に与えた影響」について質問をした。その結果、「国際的な視野が持てるようになった」が71.7%で最多。これに続き、「科学技術に関する知識が増えた」(61.9%)、「イノベーション意識が強まった」(42.7%)、「国情理解に役立った」(41.9%)、「マナーが向上した」(41.7%)などが挙がった。

 また、上海万博会場の若者について、最も印象深いことは「ボランティア」(59.9%)が最多。次に「列に並ぶなどマナーが良くなった」(34.6%)、「高級品を買っていた」(29.0%)、「スタンプラリー族」(27.2%)、「身体障害者を装うなどのマナー違反」(24.8%)などが続いた。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930