PostHeaderIcon 上野動物園のパンダ来年復活 つがい“レンタル”で合意

上野動物園パンダ リンリン 東京都の石原慎太郎知事は12日の定例会見で、飼育していたジャイアントパンダ「リンリン」が2008年4月に死んで以降、パンダ不在だった上野動物園に、新たに1つがいのパンダを受け入れると発表した。時期は「11年の早期」としている。

 中国での野生動物保護に対する協力資金との名目で、年間95万ドル(約8500万円)の“レンタル料”を支払うことで、中国側と大筋で合意したという。

 石原知事はリンリンが死んだ当初「ご神体じゃないんだから。いてもいなくてもいいんじゃないか」と受け入れに難色を示していたが、この日の会見では「地元(動物園側)から非常に強い要望があった。料金も決して安いもんじゃないんで、5万ドル値切った」と述べた。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31