PostHeaderIcon 中国の高速鉄道、営業用車両で世界最速416.6km/h

滬杭高速鉄道 中国は、建設を進めてきた上海と杭州(浙江省)を結ぶ滬杭高速鉄道線で28日、試験運転で「世界最速」の時速416.6キロメートルを達成した。中広網などが報じた。

 午前11時40分に達成した。営業用車両の試験運転で、世界最速を実現した。

 これまでに、フランスはTGVの試験用車両で2007年に、時速574.8キロメートルを達成。日本は新幹線の試験車両955形電車で1996年に時速443キロメートルを達成した。

 日本はリニアモーターの実験車両(有人・3両編成)で2003年、時速581キロメートルを達成した。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年9月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930