PostHeaderIcon 中国大使館が公式サイトに「日本旅行の注意点」、来日後のマナーを細かく指南

 2010年9月7日、在日本中国大使館は公式ホームページに「中国公民向け訪日旅行に関するお知らせ」を掲載し、中国人観光客に日本旅行の際の注意点や心得を紹介した。中国新聞社が伝えた。

 日本を訪れる中国人観光客は年々増え続け、09年は100万人の大台を突破、今年は7月に個人観光ビザの発給要件が緩和されたことで、大幅に増加すると見られている。在日本中国大使館の許沢友(シュー・ザーヨウ)総領事は、サイトに掲載した「お知らせ」について、「07年にも掲載したことはあるが、当時は事件や事故に巻き込まれた際、まずは大使館に助けを求めるよう呼び掛けたものだった。だが、今回は事件や事故を未然に防ぐためのものになっている」と説明する。

 「お知らせ」は全部で4章。「出発準備」「出入国」「日本到着後」「特に気を付けること」に分かれている。日本の文化や風習を紹介し、旅行中に気をつけなければならない点を挙げた。許総領事は「日本は非常にマナーを重んじる国。そのため、中国人観光客に『マナーを守る』とはどういうことかを知らせたかった」と掲載理由を話した。特に、「日本では部屋に入る時に玄関で靴を脱ぐ」「デパートでは値切らないこと」など、両国の文化の違いが細かく盛り込まれた。

 「お知らせ」は近くパンフレットにして中国人観光客に無料で配る予定だという。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年9月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930