PostHeaderIcon 外国人に人気の日本観光、台湾からの訪問客も増加

 日本政府観光局(JNTO)が、2010年上半期の「訪日外国人旅行者数」の統計を発表。台湾メディアが、「日本を訪問する外国人は増えており、台湾観光客の上昇率も高い」と報道した。

 台湾・中央社は「日本政府観光局の統計によると、今年1月から6月までの訪日外国人旅行者数の累計は、420万3400人。昨年同時期と比較すると、堂々の35.8%増。特に韓国・中国・台湾からの観光客は大きく増え、2年ぶりの伸びを見せた」と報道。「金融危機が起こった08~09年は観光業は不調であったが、10年になり回復の兆しを見せている。特にアジア系航空会社が日本線の便数増加に力をいれており、訪日外国人の増加につながっている」と分析した。

 また、「国・地域別から見ると、最も多いのは韓国からの観光客で、116万人を超え、前年比71.9%の伸び率。2位は中国で70万人超え。47.4%の伸び率となっている。続くのが台湾で、62万人を超え、伸び率は37%。中国の大幅増により、3位という結果になったが伸び率は高い。だが今月より日本は、中国人の個人観光査証(ビザ)発給を緩和しており、今後どんどん中国からの訪問者が増えていくだろう」と報道。そして「増便効果で中国を訪問する台湾人が増えている」現状も伝えた。旅行先として日本人気がどこまで維持できるか、台湾での宣伝やプロモーション展開を重視する声も多いようだ。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930