PostHeaderIcon 海外留学の日本人が急減、日本留学の最多は中国人

 日本政府はこのほど、不景気が続く中で、多くの若者の視野は内向きになり、海外に留学する日本人学生の数は急減していると発表した。23日付で中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 文部科学省の調査によると、2008年に海外の学校や学院、大学に在学中の日本人留学生は6万6833人で、前年度より11%減少した。

 経済協力開発機構とその他の関連機構が発表したデータによると、日本人の留学先としてもっとも人気が高い米国では、日本人留学生の数は前年度より14%少ない2万9264人となった。

 また、2番目に人気のある留学先の中国では、日本人留学生は前年比10%減の1万6733人、3番目のイギリスでは同22%減の4465人となっている。

 文部科学省の役員は、「海外に行く日本人留学生の数は04年に8万2945人に達し、ピークを迎えた。その後、景気後退や学生たちの視野が内向くなどが原因で、海外留学を選択する日本人学生の数は減り続けている」と語った。

 日本に留学する外国人は前年同期比7%増の14万1774人に達し、過去最高を更新し、4年連続の増加となっている。外国人留学生の中でもっとも多いのは中国人留学生で、その数は8万6173人に達し、前年同期比9%増加した。2番目は韓国人留学生で、同3%増の2万202人となった。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年3月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031