PostHeaderIcon 鑑真和上坐像が故郷に里帰り 揚州鑑真図書館で公開へ

 東大寺の鑑真和上坐像が24日に江蘇省揚州市に到着し、26日から翌月7日まで揚州鑑真図書館で公開される。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 日中の文化交流史で大変重要な地位にある鑑真。日本への渡航に5回も失敗して失明したが、753年にようやく日本にたどり着き、日本での仏教の新しい1ページを開いた。

 1980年4月には、唐招提寺の乾湿の鑑真和上坐像が初めて中国に里帰りし、その時には揚州と北京で50万人が見学に訪れ、日中両国の友好関係発展を推進した。今回、里帰りした鑑真座像は江戸時代に作られた重要文化財で、東大寺が所蔵してきた。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31