PostHeaderIcon 長江上流域で大増水=三峡ダムの水位は間もなく過去最高に

 2010年7月19日、重慶晩報は記事「三峡ダムの水位が過去最高に=船舶の閘門通行も間もなく禁止」を掲載した。

 18日、長江の重慶市流域の水位は27.15メートルに達した。警戒水位より5.48メートル高く、ここ12年間の最高水位となっている。長江水文局は長江上流で大洪水が起きつつあると警告している。流量はまもなく毎秒7万立方メートル弱に達する見通しで、1998年の歴史的大洪水の5万立方メートルを大きく上回っている。

 長江中流にある世界最大級の三峡ダムも、数日内には建設以来最高の水位に達する見通し。18日現在の流入量は毎秒3万7000立方メートルと前日から1万立方メートル増加したが、19日、20日には6万5000立方メートルに達すると予定されている。流入量が4万5000立方メートルを超えると、三峡ダムの閘門(水位差を乗り越え、船舶を通行させる装置)は閉鎖され、船舶の通行も禁止されることになる。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930