PostHeaderIcon 2009年の工業生産総額、中国が日本抜き世界2位に

 2010年3月3日、ロシアのイタルタス通信は、2009年、中国の工業生産総額が日本を抜き、世界2位になったと報じた。5日付で中国新聞社が伝えた。

 国連工業開発機関(UNIDO)の統計によると、2009年に世界の工業生産総額に占める中国のシェアは15.6%。日本は15.4%で、その地位は入れ替わった。1位は19%の米国。上位3国で世界の工業生産総額の過半数を占めている。

 工業生産総額では中国が日本を上回ったものの、1人当たりの数値にはなお大きな開きがある。2008年の1人当たり工業生産総額は日本が9000ドル(約81万2000円)、中国が700ドル(約6万3000円)だった。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031