PostHeaderIcon KFCが今度はご飯メニューを試販売、中華系ファストフードに挑戦状―上海市

KFC 上海 2010年3月7日、網易財経が伝えたところによると、中国粥(がゆ)、油条(中国式揚げパン)、焼餅(中国式お焼き)を次々とリリースし、中国本土化を急ぐ中国の洋食系ファストフード最大手KFCが、今度は上海市の8店舗で「ご飯もの」を先行販売するという。

 8店舗での売り上げが好調なら、全中国のKFCでご飯が食べられることになる。新メニューは「ベーコンマッシュルームチキンかけご飯」と「マーボーチキンかけご飯」の2種類。ベーコン…がより西洋風なのに対してマーボーチキンは四川風味、多くの中国人の嗜好にマッチするよう工夫されているという。

 価格は両方とも18元(約240円)で、ハンバーガーのセットメニューより少し安い程度。西洋料理レストランで同じようなメニューを頼むと20~30元以上するのを考えれば、かなり安い価格設定だ。

 マーケティングの専門家・李光斗(リー・グアンドウ)氏は、本土化を進めるKFCの経営戦略の根底には革新力と強い危機意識があると分析。中国の外食産業は年間10兆円規模の巨大な市場をもつ。KFCが西洋風・中華風のご飯メニューを設定することによって、中国の外食競争は熾烈を極めることになる。特にそのあおりを受けるのは中華ファストフード業界だろう。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31