PostHeaderIcon まるでキョンシー!河南省の農地から清朝官吏の完全ミイラ出てくる

   河南省で9日、かつて農地だった建設工事現場から古い時代の棺桶が発掘され、中から清朝官吏の衣装を着けた1体のミイラが完全な形で見つかった。南都網で伝えている。

  ミイラが見つかったのは、河南省新一高西側、学府北苑小区の工事現場で、以前は農地だったという。重機で地面を2メートルほど掘り下げていたところ、3つの棺が現れ、その中に一つ完全なミイラが入っていた。ミイラの皮膚は黒ずんでいたが目鼻立ちがはっきりわかり、辮髪(べんぱつ=清朝の男性の髪型)で清朝の官吏の衣装と宝飾品をつけ、棺の中は頭の下に白い綿が敷き詰められていた。
  付近の住民の話では、現場は農地だったころから墓碑などはなかったが、多数の銅銭が見つかっていたという。連絡を受けた城市文化局や博物館の職員がすぐに現場に到着し、装飾品などを持って行った。

  中国では古来、よみがえる死体の妖怪をキョンシーという。報道写真を見ると棺の中の綿はまだ白さが残り、ミイラは完全な人の形で動き出しそうな気配を感じるほどだ。キョンシー伝説もうなずける。  

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年4月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930