PostHeaderIcon 上海から日本への航空便や豪華客船の縮小続く

  日中間の国家関係悪化に伴う上海と日本を結ぶ航空便などの縮小が続いていると中国網が伝えている。
 このうち今年初めに運航を開始したばかりの上海と長崎を結ぶ客船オーシャンローズ号が1便あたり150人まで乗客数が落ち込んでしまったため今日以降の運行休止を発表した。
 また日本航空では今日10月10日から上海浦東と成田を結ぶ便が1日3便から2便へ減便、上海と大阪を結ぶ便が1日2便から1便へ半減し、暫定的に来月11月11日までこの状態で運行されることが決まっているとのこと。
 各会社とも中国からの旅行客の主な原因で、日中関係の悪化によりキャンセルがあいついだとのことで、中国の旅行社によれば現在日本向けのツアー商品の販売が非常に難しい状態にあるとしている。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930