PostHeaderIcon 上海ヘリコプター教習所の学費は25万元

  上海で初めて自家用ヘリコプターの操縦を学べる教習所が浦東新区の高東空港にオープンすることになったと東方早報が伝えている。
 民間航空管理部門によればヘリコプターの操縦訓練学校は上海の他、浙江省千島湖や江蘇省泰州など幾つかの学校があるが、上海で自家用ヘリの操縦免許を取得できる学校がは初めてだとしている。
 ヘリコプターの操縦免許はビジネス用免許と自家用免許に分類され、前者は商業飛行ではない免許、後者は職業パイロットの免許となっている。
 今回開校したヘリコプター学校「上海和利通航」の責任者によれば、自家用免許の取得には40時間の実技訓練と座学講習の受講が必須で、取得まで約一ヶ月を要するが、商業免許より取得は相対的に難しいという。
 一か月の訓練機関で学費は25万元と非常に高額となっているが、すでに5名の申込みがあったという。
 ただ現在訓練用ヘリは4機あるが教員が一人しかいないためカリキュラムの進行には大きな制約があるとし、このため目下のところ年間30人程度しか受け付けられないとしている。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930