PostHeaderIcon 上海万博の「高級」日本料亭に予約殺到

紫MURASAKI 日本の華字紙「日本新華僑報」は24日、「3000元(約4万円)という非常に高価な料理を提供する上海万博・日本館内の高級料亭は、中国の未来における飲食産業の手本となるかもしれない」とする記事を掲載した。中国新聞網が伝えた。

 上海万博の日本産業館1階で営業する高級料亭「紫 MURASAKI」はキッコーマンの監修のもと、京都の老舗料亭「菊乃井」、「たん熊北店」、「魚三楼」が共同で営業する超高級料亭だ。

 経済発展の著しい上海といえども、中国の人びとが気軽に手を出せる価格設定ではなく、万博の開幕前には「閑古鳥が鳴くのでは」と疑問が寄せられることもあった。しかし、実際に開幕してみると、「紫 MURASAKI」には予約が殺到、5月時点ですでに6月分の予約が埋まるほどの人気を集めている。

 「紫 MURASAKI」で使われている原材料はほとんどが中国産のもので、価格的には比較的安価で手にはいるものばかりだ。これに対し、記事では、「中国ではいくら高級と言えども、1人3000元もするレストランはそれほどないだろう。それでも人びとが『紫 MURASAKI』に殺到する理由は一体何だろう?」と疑問を綴った。

 続けて記事では、日本料理の特徴について「健康的な食べ方と素材が持つ味を追求する日本料理は、鑑賞性にも富む」と詳しく紹介。日本料理は料理人と客が料理を通じて心を通わせるとし、料理を提供する側の客に対するサービスには一貫して尊敬や思いやり、慈(いつく)しみが込められていると紹介した。

 さらに、上海万博が世界に中国を紹介すると同時に、中国が世界から学ぶ機会を提供するイベントであるならば、「紫 MURASAKI」は日本の飲食サービスに関する理念を中国に伝えるものであるとし、中国の未来における飲食業にとって大変参考になるものであると指摘した。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31