PostHeaderIcon 上海万博の日本館、人気が高く長蛇の列 予約システム導入検討

上海万博 日本館 上海万博のリハーサルが26日に終了した。日本館もすべての展示を公開したが、入館に少なくとも2時間も列に並んで待たなければならないほど人気を集めた。「チャイナネット」は日本館のリハーサルの状況について取材した。

 「ほとんどの見学者がすべての展示を見たが、ゾーン3にある未来技術を紹介しているショーが一番人気があった」と話すのは日本館の花田美香副館長だ。バイオリンを弾くロボットやパソコンとテレビが一体となった情報化リビングの壁、臨場感フォトを撮影することができる未来カメラなどは、来場者の大きな関心を集めた。また日本と中国が協力して保護活動に取り組むトキをモチーフにしたミュージカルも、「見学している人たちは子役の歌と踊りに感動したのではないか」と花田副館長は言う。

 日本館のリハーサルの最大の問題点は、待ち時間が長すぎることだ。これについて花田副館長は「中国側と協力しながら、列になって待っている時間をできるだけ快適に過ごすことができるよう、夏にはミストで涼を提供したい」と話す。そのほかにも日本館の一部では予約システムの導入も検討しているという。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年3月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031