PostHeaderIcon 上海万博ツアーを続々投入!中部の旅行業界

上海万博 イメージキャラクター 中国・上海で5月1日に開幕する上海万博を睨み、中部地方の旅行業界が活気づき始めています。大手旅行社は全国で1万人を目標にパックツアーの販売を開始。弊社は団体向けを中心にご相談に応じます。日本人観光客を送り出す全日本空輸や中部国際空港も商機を盛り上げます。

 前回の開催地は名古屋だっただけに、愛知万博を経験した分、ほかの地域よりも関心が高い様子。多くの人を名古屋から送りたいと我々は考えております。

 企業様や自治体様などには、万博見学と上海市内視察の団体旅行をご提案します。是非、弊社へご相談ください。

 全日空は5日から、国際線客室乗務員が上海万博日本館のシンボルマークをあしらったピンバッジを着けて搭乗、機内でPRを始めた。「1987年の就航以来、国際線の中でも中国路線を重要視している」と全日空。

 中部国際空港も今月20日にはターミナル内に「EXPOショップ」を開設し、上海万博情報や中国茶を提供して雰囲気を盛り上げる様子。

 上海万博は200以上の国と機関が参加して10月末まで開催。入場者数は万博史上最大の7000万人と見込まれております。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31