PostHeaderIcon 上海南駅からの高速列車復活の見込み

  
  上海南駅から浙江省杭州方面への動車組と呼ばれる新幹線型の高速車両を使った列車が近く復活する見込みだと東方早報網が伝えている。
 上海南駅は2006年7月1日から正式運用されているが、2010年10月26日に上海虹橋駅と杭州駅の間に滬杭高速鉄道が開通した際に、新架線型高速列車は全て上海虹橋駅発に移ってしまった。
 これは高速列車と一般在来線列車を速度で棲み分けを行なうための措置で、滬杭高速鉄道と上海南駅の間の専用線も計画はされていたものの工事が間に合わなかったため高速列車は全て上海虹橋駅発着となった。
 しかし、上海と杭州を行き来する利用客の中には、上海虹橋駅が市の中心から少し離れているため虹橋駅に行く時間が余分にかかってしまい、高速列車が時間を短縮した分より余分に時間がかかるようになってしまったという声も少なくななく、上海南駅からの高速列車の復活を期待されていた。
 上海鉄路駅によれば、滬杭高鉄と上海南駅の連絡線は間もなく完成する見込みで、完成した時点で上海南駅発の高速鉄道の運行も当然検討されるだろうと話しているとのこと。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年4月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930