PostHeaderIcon 上海市で年内にもPM2.5予報開始へ 

   上海市が年内にも大気汚染を予測する「PM2.5予報」を開始することになったと東方早報が伝えている。
 上海市環境保護局の関係者によれば、世間で注目の集まっている大気汚染のPM2.5物質について、年内にも気象部門と協力して24時間先までの汚染予報を出す準備を行なっているとのこと。
 更に数年後には48時間予報も出せるような準備を出したいとしている。
 ただ、本来必要な大気汚染状況の改善については今年の4月に緊急対策案が出たものの、PM2.5の場合は発生源が非常に多岐かつ広範囲にわたって複雑であるため、改善には一定の時間が必要で、長江デルタ全体などでの広範囲での協力体制が欠かせないと話したとのこと。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年4月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930