PostHeaderIcon 上海長興島に親水レジャーエリア建設計画

  長江(揚子江)河口の上海長興島に漁港建設とともに親水レジャー施設が計画されていると東方早報が伝えている。
 長興島には既に「横沙国家第一級漁港総合機能区」の建設が決まっており、上海最大の漁港が誕生する予定になっているがこのすぐ脇に親水レジャーエリアの設置がきまったったとのこと。
 関係者によれば今回建設される「上海第一灘」親水レジャーエリアは沿岸1000メートルに渡ってビーチをつくり、レジャー施設として公共活動や市民生活の親水エリアとして開放する予定になっているとのこと。
 従ってこの第一灘は防波堤の内側に全長800メートルの部分を漁港、1000メートルをレジャーエリアにあて、その後背地に3.5平方キロメートルに及ぶ漁港村を設置し、5万トン収容の冷蔵倉庫や-55℃の超低温倉庫などの関連施設が設置されるとのこと。
 2014年に漁業と観光の機能を備えた一大親水エリアが長興島に誕生することになりそうだ。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年9月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930