PostHeaderIcon 中国国慶節連休期間の観光者数が2.1億人に

 中国網日本語版(チャイナネット)によると、中国観光研究院は今年の国慶節連休期間の観光者数は2億1000万人になるとの予測を発表した。1~8月の好調傾向が維持され、今回の国慶節連休はここ数年で観光者数がもっとも多い連休となる。

 旅行社の発表によると、中秋節と国慶節の2つの連休期間に、観光ピークを避けるため、海外観光客数の伸びが顕著でないことを除き、海外旅行と国内旅行のいずれもが大きな伸びを示すという。

 国際旅行社の劉武雄副総裁は、入国観光者数の伸びが約10%になる見通しで、1~8月の伸び幅を下回ることになると語っている。海外旅行では、すべての旅行プランが好調で、旅行者数は前年同期比で25~30%の伸びとなる。航空券や乗車券の取得が困難であるなどが主因で、国内旅行の伸びは10~15%にとどまる。

 また、国家観光局の予測によると、今年の中秋節と国慶節連休期間には、西部旅行がもっとも盛んになる。西南地区は8月以降、自然災害の影響を抜け出しており、国慶節期間に観光者数の明らかな増加が見込まれ、10月いっぱい国内旅行で人気を維持する。劉武雄副総裁は、旅行社の団体旅行申し込み状況から見ると、上海万博旅行が引き続き盛り上がりを見せると同時に、西部旅行で観光者数は大幅な増加が見られていると語っている。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31