PostHeaderIcon 合肥空港が移転、30日から新空港へ

安徽省合肥市の合肥駱崗空港が5月29日を以て閉鎖され、5月30日から合肥新橋国際空港が開港すると新華網が伝えている。
 合肥空港移転準備組織によれば、旧合肥駱崗空港は2013年5月29日24時を持って運営を廃止し永久閉鎖され、その後の航空機の着陸を一切受け付けないとしている。
 また5月30日0時より、市の中心部から西へ31.8キロ離れた合肥市肥西県高劉鎮に新たに合肥新橋国際空港が開港することになり、これまで旧駱崗空港に着陸していた航空便は全て新橋空港へ切り替えられることになるとしている。
 関係者によれば新空港プロジェクトは2005年から計画が始まり、8年の時を経てようやく今回第一期工事が完成し、3400mの滑走路を持つ新空港が誕生することになったとのこと。
 現在、国内外へ58路線が就航する同空港だが、今後3年以内にさらに12路線の開設を予定しており、2020年までに年間1100万人の利用客と15万トンの航空貨物取り扱いを目指しているとしている。
 さらに三期工事まで全て完成すると年間6000万人の利用が可能になるとのこと。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年4月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930