PostHeaderIcon 軍事的要衝・旅順を対外開放=「坂の上の雲」舞台、日本人観光客に期待

旅順港 2010.01.10【北京時事】日露戦争の激戦地だった中国遼寧省大連市の旅順口区(旅順)について、中国当局が昨年11月下旬に、軍事施設以外で外国人が自由な観光などを行えるよう対外開放したことが分かった。大連市政府当局者が11日明らかにした。日本人の観光客や、日本企業など外国からの投資にも期待を寄せている。
 遼東半島の最南端にある旅順は、海軍施設がある軍事上の要衝。1996年に激戦地「203高地」などのある北部が外国人に開放されたが、それ以外のエリアは事前許可が必要となっていた。
 旅順は、NHKでドラマ化された司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の舞台の一つ。対外開放により地元関係者は、伊藤博文を暗殺した安重根が死刑に処せられた旧旅順監獄の見学など、外国人観光客の増加を期待している。

この冬見逃せないグループで行く中国旅行【冬の中国!・名古屋発】の企画、あります!

【オススメ企画例①②】

異国情緒あふれる 大連・旅順 3日間

大連シャングリラホテル 行き:午後発/帰り:午前発<2名1室利用> (観光・食事付き)

旅行代金:29,800円(お一人様あたり)

設定期間:2009年12月7日~2010年2月22日(出発設定日あり)

 ※上記、企画旅行の最少催行人員は10名以上です。

※出発限定日あります。

※燃油サーチャージ、国内外空港使用料ならびに空港諸税が別途必要となります。

※詳しくは、下記弊社へお問合せ下さい。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年4月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930