PostHeaderIcon 韓流フィーバーで上海万博開幕以来のもみ合い騒動に=観覧チケット争奪戦で

 2010年5月30日、上海万博会場内の世界博覧会文化センターで「韓国古典・流行音楽会」が催された。複数の韓流スターが出演するということで、前日の深夜から観覧チケットを求めるファンらが詰め掛け、一時はもみ合いとなる過熱ぶりとなった。中国江蘇ネットが31日付で伝えた。

 午後7時開演のショーには、SUPER JUNIORやBoA、Kangtaなど、著名韓流スターが登場するとの発表だったため、観覧チケットに人気が殺到した。このチケットを入手するためには、当日に2500枚配布される無料チケットを受け取らなければならないということで、当日未明より万博会場のゲートには2000人を超す徹夜組が詰めた。

 午前9時、開場時間を迎えると、チケット配布場所の世界博覧会文化センターへ群衆が猛ダッシュ。その大半は上海市、近隣の江蘇省や浙江省から駆けつけた20代の学生。遠くからは広東省からの参戦組も見られた。繰り返し場内に流れる「混雑につき配布会場へ殺到しないでください」との放送も空しく、熱気あふれる韓流ファンらの争奪戦は過熱する一方。万博主催者側はついに数百人の武装警察を配備して人流の調整に当たるも、その包囲を突破しようとするファンが後を絶たず、あやうく事故寸前のひやりとしたシーンもあった。

 警備にあたったスタッフによると、「万博開幕以来、これほど会場が混乱したのは初めて」とのこと。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年5月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31