PostHeaderIcon <中華経済>住宅価格高騰で上海、広州が抑制策発表へ

2009年12月24日、同日付毎日経済新聞によると、このところの住宅価格高騰を受け、上海市と広東省広州市が相次いで抑制策を打ち出す見込み。

上海市は近く「不動産市場の健全な発展促進のための政策」と題した文書を発表し、投機的購入を抑制するため、住宅ローンに関する規制を強める計画。広州市は不動産デベロッパーが確保した土地を開発せずに放置することのないよう、規則を改正して有効活用を促す。

 中国の不動産市場は昨年から落ち込んだが、政策支援もあり、今年に入って好況が続いている。こうした中、一部都市では投機的な買いが増えたことで住宅価格が急激に上昇。11月、上海市の新築住宅価格は前年同月比で7.4%、広州市では14.7%上昇した。

 住宅価格の上昇は国民生活を圧迫するため、国務院(政府)は12月14日に開いた会議で価格の上昇抑制を目指し、不動産売買に関する監督を強化する方針を決定していた。中国人民銀行(中央銀行)が全国50都市で行った調査では、都市部住民の67.2%が現在の住宅価格を「高すぎて許容できない」と考えていることも分かった。

 依然好調な中国経済、上海や広州の熱気を現地で感じてみませんか?

【グループで行くこの時期のオススメ企画例】

お手軽上海♪ 上海・蘇州 3日間

ヒルトン上海 行き午前発/帰り夜発<2名1室利用> (観光・食事付き)

旅行代金:29,800円(お一人様あたり)

設定期間:2009年12月7日~2010年1月29日(出発設定日あり)

※上記、企画旅行の最少催行人員は10名以上です。

※出発限定日あります。

※燃油サーチャージ、国内外空港使用料ならびに空港諸税が別途必要となります。 

詳しくはお問合せ下さい。

Comments are closed.

NITからのお得情報!
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031