7月中日航班信息更新

根据中国民航网消息,7月日本往返中国(大陆)航线情况如下。按民航局要求,疫情期间航空公司对国际机票全部采取直销模式,请关注“中国民航网”微信公众号并通过航空公司客服中心、官方网站、手机APP等渠道购买机票。请勿通过网络“票代”等非官方渠道购票、不要相信任何非官方的所谓“包机”信息,以免买到假机票影响行程。

请计划在日本转机的中国公民注意日本入境限制政策,提前向航空公司确认航班情况,合理规划行程。近期已有数名我公民自美国等国转机日本回国时,因“国际健康码”不符合乘机要求而转机失败。请来自需填报健康码国家的转机人员确保“健康码”符合乘机要求,若有特殊情况应在登机前咨询所在地的中国使领馆。未按要求填报的乘客将无法登机和转机,将被遣返回出发地,填报虚假信息可能导致行程受阻,并须承担法律责任。

中国驻日本大使馆领事业务电话03-3403-3065/3064/5633,邮箱japan12308@163.com。

外交部全球领事保护与服务应急呼叫中心24小时电话:+86-10-12308或+86-10-59913991。

出入国緩和、台・中・韓と交渉へ ビジネス客を優先

  新型コロナウイルスの感染拡大が収まりつつある国・地域との出入国緩和をめぐり、政府は7月中にも台湾、中国、韓国と交渉に入る方向で検討に入った。ブルネイ、ミャンマーなどを加える案もある。ビジネス関係者の往来再開に向け、防疫の条件などについて協議。交渉では台湾を先行させる方針だ。 【表】渡航制限の緩和をめぐる世界の主な動き  複数の政府関係者が明らかにした。政府は受け入れに当たり、出国時だけでなく、日本への入国時にもPCR検査を受けてもらう方針。国内のPCR検査の能力の拡充が課題になっているが、無症状の人に唾液(だえき)を使ったPCR検査を実施できるメドがつき、多数の入国者が見込まれる中韓との協議入りが可能になった。  今回の出入国緩和は、6月から交渉中のベトナム、タイ、豪州、ニュージーランドの4カ国に続く第2弾と位置づけられている。第1弾の4カ国との交渉入りに際し、政府は1日の入国者の上限を250人程度としていた。第2弾でどこまで広げるかは検討が続いている。政府はビジネス関係者を優先し、次は留学生ら、最後に観光客を受け入れる方針で、中韓の訪日客が戻るのは当分先になる。  一方、第1弾のうち、豪州、ニュージーランドは両国間などの緩和を優先する意向という。世界的にも感染が落ち着いている台湾がベトナム、タイに続いて3番目になる可能性もある。

日本入管新政:永住者再入国逾期仍有效

中文导报讯(记者 孙辉) 受疫情蔓延影响,日本政府不断调整出入境管理政策。日本法务省近日发布了疫情期间新的外国人入境政策:永住者出境日本后,即使超过再入境期限,也可作为特例再入境,无需通常审查仍承认其永住资格;已获得《在留资格认定证明书》者,因疫情无法办理签证导致证明书过期的情况下,有效期延长至解除后的6个月内,最晚延长到2021年4月30日。

永住者再入国逾期仍有效

日本法务省6月26日就受新冠疫情影响而无法返回日本的永住外国人做出了决定:即使因超过再入境期限而一度失去永住资格,也可作为特例无需通常审查就承认其永住资格。这是鉴于因疫情全球流行导致许多人滞留海外而采取的临时措施,于6月29日起实施。

 

 

 

 

 

 

永住者最长可取得5年有效的再入境许可。此外若是1年以内,则可以无许可出入境,但如果未在期限内再入境,则永住资格失效。一旦失效,就需要以其他的在留资格入境,重新申请永住资格。

目前日本以许多国家和地区为对象,限制外国人入境。因此,无法在期限内返回日本的永住者较多,法务省设置了特例措施。

这项政策面向受到新冠疫情影响,无法在有效期内再入境的永住者。即便再入境许可过期,对于入境限制解除后1个月以内入境的人也给予承认。只要在滞留地的日本使领馆办理手续,抵达日本的机场时便可作为永住者被允许入境。

但该措施的条件是滞留地的入境限制被解除,处于可以与日本往来的状态。在解除前,该措施不适用。据法务省统计,截至去年年底,在留外国人有293万人,永住者有79万人,相当于全体的27%。

《在留资格认定书》有效期再延长

今年3月,受新冠肺炎的影响无法在《在留资格认定证明书》有效期内正常取得签证并入境的情况下,在留资格认定证明书有效期将从3个月延长到6个月。6月26日公布的新政策再次延长了《在留资格认定证明书》的有效期。已获得《在留资格认定证明书》者,因疫情无法办理签证导致证明书过期的情况下,有效期延长至疫情入国限制令解除后的6个月内,最晚延长到2021年4月30日。

 

 

 

 

 

 

出入国在留管理庁对《在留资格认定证明书》相关的具体问题进行说明,本文节选部分主要内容:

Q:疫情下,《在留资格认定证明书》的有效期内不能到日本,该怎么办呢?

A:有效期限通常情况下是3个月,根据现状,新政策变更为:入国限制措施解除之日算起的6个月内或2021年4月1日之前。以其中最先到期的日期为准。

Q:该措施是适合全部外国人么?

A:是的,从2019年10月至2021年1月29日为止,所获得的《在留资格认定证明书》都适用。前提是接收机关(学校、公司等,下同)同意申请人在疫情过后继续相关活动(学习、工作等,下同)。

Q:接收机关怎么证明“继续接收并开展相关活动”呢?

A:将来申请签证的时候,需要由接收的机关出具一份记载“继续接收申请人”的材料说明。

Q:接收机关提出的材料说明,有样式要求么?

A:任意样式均可。

Q:今年4月已经收到日本教育机关(学校)的《在留资格认定证明书》,受疫情影响无法去日本。想变更到10月份赴日的话,要怎么办呢?

A:《在留资格认定证明书》有效期通常是3个月,但考虑到现在的状况,有效期延长为:入国限制措施解除之日算起的6个月内或2021年4月1日之前。在上述时效内均可入国。如需重新申请在留资格的话,需要上一次的《在留资格认定证明书》加一份接收机关(学校)的理由书即可。

Q:上记再申请的话,审查需要多久呢?

A:通常申请需要1至3个月的时间,但因为疫情影响再申请的话,大概2周时间。

Q:疫情影响了国际快递,没法拿到《在留资格认定证明书》原件,申请签证可以用扫描件打印么?

A:可以提供扫描打印件。来日以后,需要把《在留资格认定证明书》原件以及无法提交原件的理由书,交给所申请在留的出入国在留入管局(可邮寄)。

(原文链接:http://www.moj.go.jp/content/001319321.pdf)

入管局出新政策!!在留资格无限期延长,解除入国6个月以内入境可

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月1日以后出的在留资格,受疫情影响没有入境的人,在留资格无限期延期,解除入国限制措施之后,6个月之内或者是到2021年4月30日前入境都没有问题的。

这样的话,无论是留学生、劳务技能实习生、工作签、投资签、特定技能一号、配偶签、技能签等等一切的在留资格,都不用在做格外的申请和更新了,只需要静静地等待什么时候解除入国限制就可以了。

中国ビザ申請サービスセンター 一部営業再開のお知らせ

现在、日本政府は新型コロナウィルス感染防止策を段階的に緩和しており、この状況を鑑み、ビザ及び認証の申請希望者の声に応えるべく、6月17日より東京・名古屋の中国ビザ申請サービスセンターは一部営業再開いたします。感染防止のため、ビザ、認証の申請はいずれも予約制となりますのでご注意ください。詳細は下記の通りです。

1.申請受付時間

東京ビザ申請サービスセンター 毎週月曜日・水曜日(10:00~14:00)

名古屋ビザ申請サービスセンター 毎週火曜日・金曜日(10:00~14:00)

但し、中国及び日本の祝日は休業とさせて頂きます。

2.申請受付範囲

ビザ申請(現段階では客室乗務員等航空関係従事者、経済・貿易・科学技術分野に関する活動、及び人道的な事由によるビザ申請のみ)と中国大使館領事認証申請全般。

3.申請手順

①ビザ申請:経済・貿易・科学技術活動に従事していて、緊急渡航を要する方は中国の省政府クラスの外事弁公室或いは商務庁の招聘状をご用意の上、ビザセンターまでご連絡いただき予約確定後に申請にいらしてください。人道的な理由で、緊急申請が必要な方は客観的に申請の必要性を説明できる書類とビザ申請必要書類一式をまずメールにてビザセンターまでご送付ください。内容を精査したのち、返信を差し上げます。予約確定後、指定の日時に従い申請にいらしてください。その他、中国国内の主管部門においてビザ申請を許可された方もビザセンターまでご予約の上、ご来訪お願いいたします。

②領事認証の申請:電話又はメールにて事前のご予約をお願いいたします。予約確定後、指定の日時に申請にいらしてください。

4.ご予約方法

電話:070-3295-5505

(受付時間:月曜日~金曜日午前10:00-12:00、午後2:30-4:30祝

祭日を除く)

メール:東京センター:tokyocenter@visaforchina.org

名古屋センター:nagoyacenter@visaforchina.org

皆様の健康と安全・安心に万全を期すため、マスクをご着用の上ご来訪ください。ビザセンターにおける体温チェック、アルコール消毒等の感染症予防措置につきましてもご協力をお願いいたします。

今回の一部営業再開に関する決定事項はあくまでも臨時措置であ

り、変更等ある際には、事前にお知らせさせていただきます。

以上、ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

中国ビザ申請サービスセンター

2020年6月15日

关于中国签证申请服务中心部分恢复对外营业的通知

一、近期,日本逐步放松疫情管控措施。考虑到申请人办证需要,自6月17日起,名古屋中国签证申请服务中心将部分恢复对外营业。为尽可能避免交叉感染,中心实行预约制,不预约不办证。有关安排如下:

(一)对外营业时间

名古屋签证中心:每周二、五(10:00-14:00)。

中国和日本节假日不对外营业。

(二)受理范围

签证(目前仅限从事乘务、经贸和科技活动,以及人道主义事由的签证申请)和领事认证。

(三)办理程序

1.签证:经贸、科技活动签证申请人需持中国省级地方外办或商务厅签发的邀请函,向签证中心预约办理。紧急人道主义事由签证申请人,请将情况说明及申请材料发送至各中心电子邮箱。如获批准,中心将回复告知。请按约定时间前往中心办理。其他经国内主管部门审批同意的签证申请人,可向中心预约办理。

2.领事认证:通过电话或邮件预约。预约后按预约时间前往中心办理。

(四)预约方式

电话:070-3295-5505 (接听时间为:周一至周五10:00-12:00,14:30-16:30,节假日除外)。

电子邮件:

名古屋中心 nagoyacenter@visaforchina.org

为确保大家健康安全,请您前往中心办理时佩戴口罩,配合中心进行体温检测、消毒等防疫措施。

二、中国驻名古屋总领馆办证大厅继续暂停对外办公,但继续提供电话和邮件咨询,并为奔丧、探望危重亲属等特殊紧急事由人员继续提供“绿色通道”。确有特殊紧急事由的,请将有关情况及申请材料发送邮件至我馆咨询邮箱。我馆将视申请人的具体情况联系本人到馆办理。此前已预约护照旅行证人员,请延迟到疫情平稳后再到馆办理。护照旅行证在疫情期间失效,不影响今后正常换发。

上述调整是临时性措施,如有变动,将及时发布通知。请您关注我馆微信公众号“中国驻名古屋总领馆”和我馆官网领事服务栏目。

感谢大家的理解与配合。

驻名古屋总领事刘晓军出席第十五届“名古屋中国春节祭”启动大会

         66日,驻名古屋总领事刘晓军以视频会议形式出席第十五届“名古屋中国春节祭”启动大会。第十五届“名古屋中国春节祭”执委会委员长林梅香、执委会委员50余人出席。

刘晓军总领事致辞表示,“名古屋中国春节祭”连续14年成功举办,已成为中部日本侨界的知名文化品牌。坚持办好“春节祭”对海外侨胞寄托乡情、传播中华优秀传统文化、促进中日民间友好往来具有重要意义。春节祭人素有团结一心、真抓实干的优良传统,第十五届“名古屋中国春节祭”执委会更是汇集历届骨干侨胞和年轻新生力量。希望大家秉持求同存异、携手共进的精神,坚定信念,团结一心,克服因疫情带来的困难,齐心协力做好第十五届“春节祭”的筹备工作。总领馆将一如既往支持执委会的各项工作,扩大“春节祭”影响,为打造“春节祭”百年品牌而共同努力。

林梅香委员长致辞感谢驻名古屋总领馆给予的悉心指导和大力支持,表示第十五届“春节祭”执委会将不忘春节祭人初心,坚持团结侨界、打造主题亮点、培育新生力量,发挥好“春节祭”中日民间交流平台作用,为推动当地对华友好交流做出新的贡献。与会人员还就下一步具体筹备工作进行了研究交流。

 

中国ビザ申請サービスセンター 休業継続のお知らせ

中国ビザ申請サービスセンター

休業継続のお知らせ

  日本政府は「緊急事態宣言」の解除を発表しましたが、新型コロナ肺炎がまだ、全世界で伝染拡大しているし、日本に於いてもまだ完全に終息した訳では無いことに鑑み、交差感染を防ぐため、東京及び名古屋ビザ申請センターは引き続き、対外営業の中止を継続することを決定致しました。

  中国ビザセンターとしては対外営業中止の期間中にメールによる問い合わせ、緊急申請の受付を引き続き、対応させて頂きます。

  下記、特別な理由で緊急申請したい場合は事情説明書と申請資料をメールでのお知らせをお願い致します。当センターは確認してから、結果と申請できる時間をお知らせ致します。約束した時間にセンターに来て頂いて、申請することができます。※ ご来店の際はウイルス伝染予防の関係措置にご協力をお願い致します。

1,     経済貿易、科学技術活動に従事していて、緊急需要の有る方、又は人道主義的な理由で、緊急申請をしなければならない方のビザ申請。

2,     特別緊急な理由で緊急申請しなければならない認証申請。

東京センターMAIL:tokyocenter@visaforchina.org

名古屋センターMAIL:nagoyacenter@visaforchina.org

特別緊急時の連絡電話// 070-3295-5505

(対応時間:月曜から金曜午前10:00-12:00;午後2:30-4:30 祝祭日除外)

尚、営業回復の日程は現在未定で、別途お知らせさせて頂きます。

中国ビザセンターのホームページをご参照ください。

以上、ご理解とご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

中国ビザ申請サービスセンター

请注意日本最新入境限制政策

关于新冠肺炎疫情期间有关事项的提醒(十七)

5月16日零时起,马尔代夫等13个国家被日本列为新增入境限制国。根据日本目前的入境限制政策,持中国湖北省、浙江省签发护照者及入境日本前14日内曾到访或居住在以下国家(地区)的外国人原则上无法入境日本(有下划线的国家为新增)。

一、亚洲:印度尼西亚、新加坡、泰国、韩国、中国(含港澳台地区)、菲律宾、文莱、越南、马来西亚、马尔代夫、哈萨克斯坦。

二、大洋洲:澳大利亚、新西兰。

三、北美:加拿大、美国。

四、中南美:安提瓜和巴布达、乌拉圭、厄瓜多尔、哥伦比亚、智利、秘鲁、圣基茨和尼维斯联邦、多米尼加、巴巴多斯、多米尼克、巴拿马、巴哈马、巴西、玻利维亚、洪都拉斯、墨西哥。

五、欧洲:冰岛、爱尔兰、阿塞拜疆、阿尔巴尼亚、亚美尼亚、安道尔、意大利、英国、俄罗斯、白俄罗斯、乌克兰、爱沙尼亚、奥地利、荷兰、北马其顿、塞浦路斯、希腊、克罗地亚、圣马力诺、瑞士、瑞典、西班牙、斯洛文尼亚、斯洛伐克、塞尔维亚、捷克、丹麦、德国、挪威、梵蒂冈、匈牙利、芬兰、法国、保加利亚、比利时、波兰、波黑、葡萄牙、马耳他、摩纳哥、摩尔多瓦、拉脱维亚、立陶宛、列支敦士登、罗马尼亚、卢森堡。

六、中东地区:阿联酋、阿曼、卡塔尔、科威特、沙特阿拉伯、以色列、伊朗、土耳其、巴林。

七、非洲:埃及、佛得角、加蓬、几内亚比绍、圣多美和普林西比、科特迪瓦、刚果民主共和国、毛里求斯、吉布提、赤道几内亚、摩洛哥。

5月16日后到访马尔代夫等13国的持日本永住、日本人配偶、永住者配偶、定住者资格者及无在留资格的日本人配偶、子女等也无法入境日本,特别永住者除外。请注意即使在上述国家(地区)不入境转机,也无法入境日本,将会被遣返回出发地或转机国(地区)。目前上述所有入境限制政策的结束日期尚不明确。请计划赴日/过境日本转机的中国公民关注日本最新入境限制政策,合理规划行程。

 

中国驻日本大使馆领事业务电话及邮箱:03-3403-3065/3064内线703(领事协助)、03-3403-5633内线701、702(护照、公认证),邮箱japan12308@163.com

使馆教育处电话及邮箱:03-3643-0221/0370/0188、ydjp07@gmail.com

 

中国驻名古屋总领馆领事业务电话及邮箱:052-932-1098/1066;consulate_nagoya@mfa.gov.cn。

紧急领事保护求助电话:052-932-1036

教育业务咨询邮箱:mgwzlgjy@163.com

 

外交部全球领事保护与服务应急呼叫中心24小时电话:

+86-10-12308或+86-10-59913991

 

驻大阪总领事馆:06-6445-9481/2

驻札幌总领事馆:011-513-5335

驻福冈总领事馆:092-752-0200/11

驻长崎总领事馆:095-849-3311

驻新潟总领事馆:025-228-8899

驻名古屋总领馆

2020年5月20日

移転のお知らせ

  平素よりご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

このたび、株式会社名古屋国際旅行社は業務拡大にともない、4月1日をもちまして、下記の住所へ移転することとなりましたので、ご案内申し上げます。

  新事務所は2階本社営業所で1階中日文化学園(新規オープン事業)となっております。2台の駐車場もございますので、車でお越しの際にご自由に使ってください。

  尚、株式会社効研社、名古屋中華商会とも下記の事務所に移転しますので、住所変更をお願いします。

  今後も一層お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

【新住所】

〒453-0014愛知県名古屋市中村区則武1丁目19-3加藤ビル1-2F   

TEL:052-387-5168  FAX:052-387-5169