移転のお知らせ

  平素よりご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

このたび、株式会社名古屋国際旅行社は業務拡大にともない、4月1日をもちまして、下記の住所へ移転することとなりましたので、ご案内申し上げます。

  新事務所は2階本社営業所で1階中日文化学園(新規オープン事業)となっております。2台の駐車場もございますので、車でお越しの際にご自由に使ってください。

  尚、株式会社効研社、名古屋中華商会とも下記の事務所に移転しますので、住所変更をお願いします。

  今後も一層お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

【新住所】

〒453-0014愛知県名古屋市中村区則武1丁目19-3加藤ビル1-2F   

TEL:052-387-5168  FAX:052-387-5169

新型コロナウイルス感染症(北京市記者会見発表:国外から北京に来るすべての者に対する集中隔離措置の実施)

●3月15日16時過ぎ,北京市政府は,3月16日0時から,国外から北京に来るすべての者を集中観察所に移送し,14日間の隔離観察を行う事を発表しました。集中観察所は専門の医療従事者を配置し,定期的に健康モニタリングを行うとのことです。
●また,(1)集中隔離観察期間の費用は自己負担となる,(2)特殊な状況があれば厳格な評価のもと自宅観察が可能となる,(3)情報を偽り,病状を隠して感染を広めた者は法律法規に則り責任を追及する、とのことです。
●この発表に関し、在中国日本国大使館が北京市当局から確認した情報は以下のとおりです。
・「集中観察所」は,各区が手配するホテルとなる。
・空港から「新国展」(北京中国国際展覧中心新館)に移動した後,そこで各区がアレンジする大型バスにスタッフの誘導に従って乗車いただき,「集中観察所」となる指定ホテルまで行くこととなる。
・「集中観察所」では,基本的な生活はできるようになっているが,家族や知人が食料や衣服等を届けたいときは,必ず事前に隔離されているホテルと連絡をとり,同意を得てから,物品の受け渡し手続きにしたがって渡すこととなる。
・「特殊な状況があり,自宅観察が可能となる場合」とは,妊婦や高齢者などで特殊な必要性がある場合である。
・費用についてはホテルごとに異なる。
・集中隔離中に発熱症状や健康状態が悪化するような場合は,救急車で指定の病院に行くことになる。
・北京空港到着後,天津市に向かう場合は,北京で隔離を受ける必要はない。空港のスタッフに身分証を示し,天津市に向かう旨を説明する必要がある。昨日3月14日から北京空港到着者が天津行きの高速鉄道に乗車することは不可能になっており,空港から「新国展」に移動した後,そこで在北京の天津市事務所が手配したバスに乗車し天津市に向かい,到着後,天津市が定める観察隔離措置を受けることとなる。
●上記のほか,収集した情報については,今後,適時発信してまいります。現在の措置についても変更される可能性がありますし,また各区によって具体的な措置が異なる場合がありますので,引き続き,中国政府当局及び北京市政府等が発表する最新情報に注意するとともに,中国での受入を行う会社や機関等と予め情報共有していただき、適切な対応をお願いします。

○北京市の発表(中国語)
http://www.beijing.gov.cn/ywdt/gzdt/t1622316.htm

※日本政府は現在,「水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置」を実施しています(下記リンク参照)。本件措置のうち,特に「2 検疫の強化」については,中国(香港及びマカオを含む。)から入国される日本人の皆様も対象となっていますので,ご注意ください。また,「3 航空機の到着空港の限定等」についてもよくご確認ください。
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000196.html

また,検疫の強化については,厚生労働省がQ&Aを出していますので,こちらもご確認下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00098.html

(問い合わせ先)
○在中国日本国大使館(領事部)
領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964(09:00~17:30)
上記以外の時間の電話番号:010-8531-9800
HP:https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※在中国日本大使館のホームページでは,新型コロナウイルス関連情報をまとめて掲載していますので,併せご参照ください。
(在中国日本国大使館新型コロナウイルス感染症ホームページ)
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000384.html

北京市采取更加严格的措施做好境外疫情防控工作

世界卫生组织总干事谭德塞近日宣布,新冠肺炎疫情已具备全球大流行特征,显示疫情已进入全球广泛传播阶段。海外疫情呈现加速扩散蔓延态势,继意大利、韩国、伊朗、日本等国之后,需要特别关注西班牙、瑞典、法国、德国、荷兰、美国、英国、比利时等疫情严重国家。

  鉴于此,境外输入已经成为我市疫情防控的主要风险,境外输入病例已经成为我市新增确诊病例的主体。为有效防范境外疫情的输入和扩散,首都联防联控协调机制将采取更加严密有力的措施,具体内容主要包括以下三个方面:

  一是即日起,首都机场全部国际及港澳台地区进港航班,均停靠首都机场T3D处置专区。实施远端管控、近端筛查、科学处置、责任交接、闭环管理。依据《中华人民共和国国境检疫法》等法律法规,全面加强入境检验检疫工作。全部入境人员严格落实《健康申报卡》填报,实施全员、全项、电子化、可追溯信息化管理,形成全方位、全链条、全闭环的立体防控体系。

  二是全面实施集中隔离措施。最大限度控制传染源、切断传播途径。从3月16日零时起,所有境外进京人员,均应转送至集中观察点进行14天的隔离观察,集中观察点将配置专业医护和工作人员,定期开展健康监测,发现问题及时处理,使回国人员更安全、家人更放心。有特殊情况的,经严格评估,可进行居家观察。集中隔离观察期间,隔离人员费用需要自理。

  三是对于虚报信息,隐瞒病情,造成疫情传播的人员将依法依规追究责任,并纳入信用体系。

 

当面中国行ビザ申請についてのご説明(关于当前申请赴华签证说明)

当面中国行ビザ申請についてのご説明

(关于当前申请赴华签证说明)

1.中国ビザ申請サービスセンターは東京、大阪、名古屋の3センターに於いて、当面正常に営業し、普通旅券所持の日本国民及び在日第三カ国国民のビザ申請を受付しています。

(中国签证申请服务中心位于日本东京、大阪、名古屋3个办公地点。目前正常受理持普通护照的日本公民及其他在日外国公民的签证申请。 )

  しかし、新型コロナウイルス感染予防のため、当センターではお客様にマスクの着用と体温測定のご協力をお願いしています。と同時に当センタースタッフも交替勤務、仕事場付く前の体温測定及び職場の消毒などの基本的な予防措置を取っています。これから営業時間調整の可能性もありますので、当センターのホームページなどでのお知らせへのご注目とご確認をお願い致します。

(为进一步加强新冠肺炎疫情防控,中国签证申请服务中心响应日本政府号召,结合当前疫情发展情况,采取包括员工轮休、上岗前测量体温、每天两次消毒等必要措施。营业时间可能有所调整,具体请关注中国签证申请服务中心公告。)

 

2.中国駐外国大使館は中国の法律に基づき、すべてのビザ申請に対して審査を行い、ビザを発給するか否かを決めます。中国駐日本大使館は終始客観かつ厳密な態度で、ビザ申請者の訪中目的及び申請資料の真実に対して、審査、確認をしています。審査時間も各自の状況によって違います。当面、新型コロナウイルス感染予防の必要がある状況の中で、ビザ審査の所要時間も延長される可能性があります。

(依据中国相关法律法规,中国驻外使领馆对所有提交的中国签证申请进行审核,并决定是否颁发签证。中国驻日使领馆始终本着严谨客观的态度,对在日申请人赴华真实目的、材料是否真实等情况进行核实,审核时间根据个人情况不同而有所区别。在当前釆取必要防控措施情况下,签证审核时间可能有所延长。)

3.皆様のご健康の為、新型コロナウイルス感染流行の期間中に、特別に緊急な事情がなければ、ビザセンターでの中国行のビザ申請を一時見送った方が良いと中国ビザ申請サービスセンターとしてお勧め致します。どうしても申請しなければならない場合は、真実に基づいて申請表を記入し、基本かつ有効的な申請資料を提出してください。当センターは受付できます。ただ状況によって、担当領事に要求された補足資料の再提出をして頂くこともありますし、ビザが発行される時間が決められなく、辛抱よく待って頂くことになりますので、予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

(在此提醒赴华签证申请人,疫情期间,为保障您的健康安全,非特殊紧急情况,中国签证申请服务中心建议暂缓到中心申办签证。如申办,请如实完整填写申请表,提交真实有效的申请材料,个别情况下可能需要按照领事官员要求,提交补充材料或等待通知,请耐心等待。)

※ お葬式、危篤患者の見舞いなど人道的な理由で緊急に中国ビザを取得しなければならない場合は当センターにお問い合わせ下さい。

(因赴华奔丧或探望危重病人等人道主义原因须紧急赴华的,请咨询本中心。)

中日文化学園

中日文化学園

ご挨拶

                                            人と人との交流、文化交流、スポーツ交流、経済交流、

                                         技術交流など、毎日この様な交流から新しい価値が生まれて

                                         います。

                                     中国全土にネットワークを持つ弊社は、より便利でより

                                         安全なサービスを心掛けると共に、ご旅行を心ゆくまで楽し

                                          んでいただくために、関係部門一同、真心を込め万全のサー

                                          ビスを提供させていただきます。

                                              この度は、中日文化学園を開き、言語教育や文化流、及

                                          び伝統文化の書道や囲碁・将棋、料理教室などを通じて、よ

                                         り豊かな人生をサポートしていきたいと考えています。

                                                 ご用命頂きます様、宜しくお願い申し上げます

 

                                                     (株)名古屋国際旅行社 代表取締役 王立保

 

学而時習之不亦説乎
中日文化学園の特徴

快楽:楽しい面白い中国語会話

体験:語学、料理、旅行、趣味多彩

交流:風習、マナー、熟語、文化

進歩:語学力、知識とも見えるUP

幸福:あなたの人生はより豊かに

 

株式会社 名古屋国際旅行社  中日文化学園

〒460-0003名古屋市中区錦2-17-30

河越ビル801号室(現住所)

3月28日移転👇4月1日新校舎利用開始

〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武1丁目

19−3 加藤ビル 2F

電話番号は各教室共通です

TEL:052-387-5168  携帯:090-1030-3153

FAX:052-387-5169

 

教室案内

お申込みとお問合は共通電話やネットフォームを

https://chinese.nit-jp.co(3月10日公開)

電話番号は各教室共通です

TEL:052-387-5168  携帯:090-1030-3153

FAX:052-387-5169

E-mail:chinese.nit@gmail.com

 

3か所教室のアクセスご案内

加藤ビル1F教室:〒453-0014

愛知県名古屋市中村区則武1丁目19−3 加藤ビル 1F

新幹線側太閣口最短距離500ⅿ徒歩6分

アクセスは三か所教室案内参考

名駅セブンスター802教室:〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13−28

地下鉄『名駅名古屋駅』1番出口徒歩2分

名駅OAビル3F教室:〒450-0002愛知県

名古屋市中村区名駅2-28−3 OA第1ビル3F

地下鉄『名駅名古屋駅』1番出口直行徒歩4分

 

 

 

 

红灯高照中国梦 第十四届名古屋中国春节祭让日本陶醉赞叹

往岁致敬,向新春问好。2020年1月11日11时,在一片欢天喜地气氛中,在大家一年以来的翘首期盼中,第十四届名古屋中国春节祭于爱知县名古屋市中区久屋大通公园正式拉开帷幕。

名古屋中国春节祭始创于2007年,以中国传统春节庆典为核心,通过艺术表演、民间工艺、美食展销等形式宣传弘扬中国文化,是中日两国民众共享新春喜悦,增进民间友好交流的重要舞台,十四年来,经过中国驻名古屋总领事馆和日本中部地区众多华侨华人团体的共同努力,名古屋中国春节祭已经发展成为一个享誉世界的文化庆典品牌。

在春节祭执行委员会委员长刘军的陪同下,中国驻日本特命全权大使孔铉佑、中国驻名古屋总领事刘晓军、爱知县知事大村秀章、名古屋市副市长广泽一郎、一般社团法人东海日中贸易中心会长小泽哲、NPO法人爱知县日中友好协会会长太田宏次、中部经济同友会代表干事嶋尾正、名古屋商工会议所副会头藤森利雄、一般社团法人中部经济联合会专务理事小川正树等十位嘉宾一同出席了剪彩仪式,日本国会议员、民间友好人士、政经文艺界代表、各地侨领等约200人欣然到会,与中日两国上万名民众一起,汇入这欢乐祥和的海洋,共享这喜庆热烈的气氛。

孔大使在开幕式上,肯定了名古屋中国春节祭在促进中国文化的传播和推广上所取得的成绩,并表示将继续支持春节祭的工作。中国驻名古屋总领事馆增设的中国非物质文化遗产展、摄影展,也把秀美壮丽的中华风光和博大精深的中华文化推介给了日本民众。

中共中央统战部、中国国家文化部旅游部、中国对外友好协会等也对此次活动给予了大力支持,西安大唐芙蓉艺术团、山东德州杂技团、山东济南市外海实验学校的少年合唱团等专程前来表演,山东济南市手工艺平台的能工巧匠们还带来了非物质文化遗产的民俗文化展示。

迷人的中华彩灯、飘香的地方美食、丰富的中国物产,多彩的舞台演出,为中日两国民众提供一场精彩纷呈、内容丰富、魅力十足的文化盛宴。广场的两侧,还陈列了各种各样的饮食店铺和企业的宣传摊位。几乎包揽了衣、食、住、行各个方面。

大家不但可以品尝到中国天南地北各地小吃,一解乡馋,也可以现场体验各式各样生活中必需的服务项目。更有绍兴酒无限量免费饮用的活动,很好地烘托气氛,增加了现场互动感。

 

在日的华侨华人团体和艺术家们,也积极协助第十四届“名古屋中国春节祭”,增色添彩。包括爱知县太极拳协会、 大口町太极拳协会、华丰之友艺术团、茉莉花艺术团、大黄河杂技团、华妇联合唱团、中华巾帼形象团、月花二胡团、晶舞舞蹈教室、舞蝶舞蹈教室、汉风唐韵传统文化促进会、张成忠武术队、一般社团中国舞蹈沙龙、中日产业支援协同组合等。高规格的表演,同时也吸引了很多

 

日本艺术团体的参与,大森吹奏乐团更是连续十四届初次登场。

 

        今年水莲舞蹈艺术学校的小朋友们也身着盛装,为大家表演了《草原小骏马》和《中国人》,活泼可爱的动作较去年又有了新的看点,舞出了自信,收获了成长。观众们也情不自禁地为她们鼓掌加油。

 

 

 

         日本中部地区旅行社,株式会社名古屋国际旅行社首次出展,为大家提供各国签证办理和日本旅行、体检、考察等咨询服务。目前公司在中日之间的各种交流上正在逐步的扩大中。以相互交流的方式为两国社会和经济发展做出贡献,并且希望发展成为中日之间文化的交流产业。

 

 

 

第十四届名古屋中国春节祭在实行委员会委员长刘军的带领下,本着“不忘初心,牢记使命。团结协作,共创百年”的主题思想,用了近一年的筹备和努力,并且在总结历届春节祭的成功经验,继承优良传统的基础上,又有三大亮点突破:一是中国传统彩灯展。夜幕降临,华灯初放,四川自贡彩灯璀灿夺目,光彩照人,给名古屋市的夜晚增添了一抹绚丽的中华色彩。代表着团圆、兴旺、红火、圆满、富贵,为整个大会场起了画龙点睛的作用。

二是合作携手,和日本民众共同打造春节盛会。本次互动得到名古屋当地的饮食业界团体的特别协力,开出10台流动餐车,大卖日本特色小吃,热腾腾的绍兴酒助兴,通过美酒美食文

化进行零距离的交流

三是增设首次日本百货商场三越会场,隆重推出“盛京满绣”特别企划,将中国满洲传统旗袍秀引进日本,接触鲜为人知的满清皇族御用刺绣的华丽质感,揭开满清皇族御用刺绣的神秘面纱。名古屋中国春节祭是一个平台,它能够推进民间友好交往,经贸信息互通,中日传统饮食文化交流,充分起到了促进中日两国文化、经济交流和加深两国民间友好感情的巨大作用。名古屋中国春节祭是一份寄托,它凝结了在日华侨华人团结共进的情感,寄托着对家乡的思念情怀,对祖国的展望和期待。

2020年度中部華僑華人スキー交流会

 

2020中部华侨华人滑雪交流会①

超特价优惠费用:1,两天日程每人13000日元 (含2人1间的1晚住房和早晚餐,往返交通费,滑雪团体意外保险费。 租赁费用和索道费用需另外现付:两天索道费根据雪场不同,优惠打折也有所不同,2天大约6000-7000日元左右,滑雪用具1套3000-3500日元左右/日,滑雪服3000-3500日元/日)
2,12岁以下儿童 11000日元(条件同上。)
出发日期:1月 18日(六)~1月19日(日)滑雪地点:①木曽福島滑雪场、②藪原高原滑雪场
1 平安通駅4番出口出发(7:30)==到达木曽福島滑雪场(10:00)—滑雪(10:30-16:30)—-晚宴交流会(18:30-20:30)—-下榻木曽駒高原民宿ヒルトップ
2 早餐后出发(8:00)==藪原高原滑雪场滑雪(8:30-16:00)—-滑雪场出发(16:30)—-名古屋平安通駅( 18:30到达)

美味佳肴  房间    雪場略図
■集合地点:名城线平安通地铁4号出口   ■集合時間:7:15集合 7:30出発
主办:名古屋华侨华人滑雪爱好者群
联系人:王立保090-9171-5168 刘泽清090-9898-5888 刘军090-4234-9001
承办:株式会社名古屋国际旅行社TEL052-387-5168 FAX:052-387-5169 E-mail:wlb6668@hotmail.com
报名截止日期:2020年1月13日(一)

 

普洱市党委員会書記が茶文化サミットフォーラムで講演

中国大陸部や台湾地区を含む各地の茶文化サミットフォーラムが8日、福建省武夷山で行われた。中国大陸部や香港、澳門(マカオ)、台湾から専門家や企業家、宗教関係者など60人以上が集まり、参加者800人以上と共に「茶文化の継承と革新」、「茶と信仰」、「茶と現代社会」といったテーマをめぐり討論を行った。様々な角度から茶文化の真髄を検討し、茶文化研究の成果について交流し、茶文化の発揚、社会の進歩の推進、中華民族の復興、世界の調和への貢献を宣言した。

 普洱(プーアール)市党委員会書記が「一片の茶葉が担う信仰」というテーマで普洱市の環境にやさしいエコ文化や茶文化について紹介して来場者の好評を集め、普洱茶と普洱茶文化をめぐり熱心な議論が繰り広げられた。(編集YH)

北京市、世界50都市と国際友好都市関係を構築

 

 北京はすでに世界45カ国の50都市と国際友好都市関係を構築している。北京は友好都市のノウハウを参考にし、大気汚染、交通渋滞、人口急増、ゴミ・汚水処理など「大都市病」への対策を講じる。北京日報が伝えた。

 北京市外事弁公室の趙会民室長はこのほど、国際友好都市活動について、北京市人民代表大会常務委員会に報告した。北京市は1979年に日本の東京と初の国際友好都市関係を締結。その後、米ニューヨーク、フランス・パリ、英ロンドンなど世界の大都市と相次いで友好都市関係を締結した。内訳は欧州が21都市、アジアが13都市、米州が10都市、アフリカが3都市、オセアニアが3都市。「政府が友好都市関係を締結し、各方面が受益」との原則に基づく友好都市活動は、北京の国際化水準を高め、国際ハイエンド要素を集めるうえでかけがえのない重要な役割を発揮している。

 2009年以降、北京は37の友好都市と114件の実務協力を行った。国の外交全体に歩調を合わせ、世界各国で行われる中国年活動に積極的に参加し、友好都市に彫塑を贈呈し、中国式建築を建設するなどし、友好都市ルートを通じて重大な国際行事24件の運営に貢献した。

 趙氏によると、今後北京市は友好都市交流の範囲を拡大することで、首都の国際化水準と国際的影響力を高め、北京・天津・河北省の友好都市活動の協同発展を促す。特に都市建設・管理面の交流や協力を行い、大気汚染、交通渋滞、人口急増、ゴミ・汚水処理といった首都が解決に尽力する必要のある「大都市病」について、ニューヨーク、ロンドン、東京、パリなど友好都市のノウハウを学び、参考にし、韓国・ソウルや米ロサンゼルスなどの友好都市と大気汚染対策の交流・協力制度を構築し、友好都市の先進技術とソリューションを導入する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2014年6月3日

上海人女性の平均余命は84.67歳、先進国並みに

  上海人女性の平均余命は84.67歳で先進国水準に達していると上海市公式サイトが伝えている。
 これは上海市が行なっている婦女発展計画と児童発展計画の中間報告の中で明らかになったもので、2012年末のデータのよれば、上海人女性の平均余命は2010年末に比べ0.23歳伸びて84.67歳で、男性に比べ4.49歳も長生きだとしている。
 また妊産婦の死亡率も2010年末では人口10万人当たり9.61人だったものが7.1人と改善され乳幼児死亡率も0.597%からら0.504に改善している。
 さらに5歳以下の児童死亡率も0.392%から0.335%へとこちらも改善している。
 上海市では0~6歳までの児童やそれ以上の年齢の学生の健康に影響を与える要素の監視指導体制を導入し重点項目として推進しており、2015年末までに未成年のための精神衛生指導センターを各地区に設置する予定だとしている。

世界最大のディズ二ーショップが2015年上海に開店へ

          世界最大のディズニーショップが2015年に上海陸家嘴に開店することになったと解放日報が伝えている。
  米ウォルトディズニー社が昨日発表したところによれば、このディズニーショップは上海市浦東新区の陸家嘴金融エリアに建設   され敷地面積5000平方米の世界最大のディズニー旗艦店となる予定で、2015年初めにオープンを計画しているとのこと。
   発表によればこのディズニーショップは、1000平方米のショップエリアと屋外広場で構成され、親子でディズニーの多くの物語   に関するイベントに参加できる体験型ショップスタイルになるとしている。